Muranaga's View

読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

『立花隆のすべて』『精神と物質』:25年の時を超えて

f:id:muranaga:20210818231249j:plain
新旧『立花隆のすべて』

あれ?またもや同じ本が2冊?

右は 1996年に発刊された文藝春秋の臨時増刊号『立花隆のすべて』(単行本化・文庫化されている)。左は25年の時を経て、2021年8月に出た『立花隆のすべて』。今年 4月に 80歳で亡くなった立花隆を、さまざまなインタビューや記事を通して振り返る特集ムック本である。

新しいムック本では、ジャーナリストとしての立花隆を世に知らしめた「田中角栄研究」全文と、それに対する池上彰の解説が掲載されている。また司馬遼太郎山中伸弥との対談に、人文科学・社会科学・自然科学を平気で横断する立花隆が表れている。NHKスペシャルの科学特番(「がん 生と死の謎に挑む」「サイボーグ技術が人類を変える」など)を一緒に作った岡田朋敏ディレクターが回想記事を寄せているが、科学ジャーナリストとしての立花隆の姿を知ることができる。

また『理不尽な進化』の吉川浩光、『独学大全』の読書猿といった 21世紀の知の探索者たちが、立花隆について寄稿している。奇しくも両人とも、立花隆について「知の巨人」という言い方はふさわしくない、知の伽藍を築く人ではなく、知の荒野を行く人、恐れを知らぬ知の旅人である、と言っているのが興味深い。

そして2000年以降の東大立花ゼミの卒業生の代表として、立花隆の書生・弟子と自称する緑慎也が、立花隆が最期に書きたいと言っていた哲学の本、『形而上学』(メタフィジックス)の草稿を紹介している。

新しいムック本では1996年の臨時増刊号の一部を再編集して掲載している。猫ビルの紹介、梅原猛筑紫哲也野坂昭如中野不二男野村進などによる立花隆についての当時の記事を、懐かしく再読することができた。あの頃ちょうどインターネットが爆発的なブームを迎えていたが、これが一過性のものかどうか、という議論も当時はされていたのだな、と思い出した。

ジャーナリストとしての立花隆について。人文・社会系(いわゆる文系)の人にとっては「田中角栄研究」が衝撃だったようだが、自然科学系(いわゆる理系)の人間にとっては、『精神と物質』や『脳死』『サル学の現在』が衝撃だった。徹底した科学ジャーナリズムというのだろうか。原論文を読み込むなどインタビューの前の綿密なリサーチ、それに基づく本質を問う質問の投げかけ。それを通して、研究者の素顔を明らかにするとともに、読者に研究テーマの意味・意義を伝え、その理解を助けてくれる。

その最たるものが『精神と物質』であった。この本を読んだのは、約30年前、30歳の時である。もう一度読み返してみた。そしてもう一度感動した。

f:id:muranaga:20210823080359j:plain
立花隆利根川進『精神と物質』単行本

利根川進博士がノーベル賞受賞したのが 1987年。その「100年に一度」という成果の内容を、立花隆が 20時間に及ぶインタビューの中で、明らかにしていく。高校レベルの生物の知識を前提に、分子生物学の基礎を学びつつ、ノーベル賞の対象となった研究「抗体の多様性生成の遺伝学的原理の解明」の内容がわかるという優れものの本である。

利根川博士がどういう仮説を立て、その検証をするために、どういう実験を行ったか。そのためにはどのような準備を行っていたか。一流の科学者としての生き方・考え方が紹介され、またその人生におけるさまざまな師弟関係や科学者との交流も、人間味があふれるもので面白い。それと同時に、分子レベルで生命現象を解明していく分子生物学の創成と発展を描いたドキュメンタリーになっている。

当時 30歳だった僕にとって、利根川進という科学者はヒーローであり、また立花隆という科学ジャーナリストもヒーローであった。

ムック本『立花隆のすべて』の中に、「好き嫌いこそすべての始まり」という立花隆の文章が掲載されている。そこにあるように立花隆は、理系・文系という人為的な境界を越えて、好きなこと、興味のあることに対する好奇心を突き詰めていった。学ばんとする意志。圧倒的なインプットから出てくるアウトプット。その強烈な権化が立花隆であったと思う。そのインプットの一端を示した『僕はこんな本を読んできた』などの読書日記も、興味深く読んだものである。

辻惟雄『日本美術の歴史 補訂版』は15年ぶりの改訂になる

f:id:muranaga:20210728014237j:plain
辻惟雄『日本美術の歴史』

あれ?同じ本が2冊?

右は、2005年に出版された辻惟雄先生の『日本美術の歴史』。左は、その15年ぶりの改訂版である。書き誤り・書き忘れを改め、新しい作品を加えたり図版を取り替えたりしたということで、『補訂版』とされている。

一人の著者による日本美術史。それが『奇想の系譜』辻惟雄先生によるものであるならば、must buy ということになろう。取捨選択した作品は何か。取り上げた作品をどのようにとらえているか。著者自身は日本美術の特質として、「かざり」「あそび」「アニミズム」という三つの特徴を挙げており、本書の記述にも反映されている。

大学の講義ノートがもとになっており、教科書のようにも読めるし、物語のようにも読めるというコンセプトで作られたらしい。まさにその通りの内容で、『奇想の系譜』同様、すいすいと読み進められる。もちろん自分が興味を持っている作品・画家のところだけ読んでも楽しい。

図版がカラーなのもよい。図版索引を見ると、今回の『補訂版』で何が付け加えられたかがわかる。近代で言うと、村上隆草間彌生の作品が図として加えられている。

またこの本の最後に、佐藤康宏先生が「もっと日本美術史について知るための文献案内」という節を書かれており、参考になる。『補訂版』では、この文献案内にも補遺が加えられ、2005年以降に刊行された日本美術史の概説として、佐藤康弘『日本美術史』、山下裕二・高岸輝監修『日本美術史』、古田亮編『教養の日本美術史』が取り上げられている。著者が異なると違う作品を選ぶだろうし、複数の著者が多視点から取捨選択した作品が何かを知るなど、これらの著書と本書を読み比べてみるのも、面白そうである。奥深い日本美術の一端に触れるきっかけになるだろう。

辻惟雄『奇想の系譜』は美術に関する名著の一つだと思う。改めて下記に紹介しておく。辻惟雄先生のお弟子さんの一人、山下裕二先生が監修した「奇想の系譜展」も見ごたえがあった。

1970年に刊行、それまで異端・傍流とされていた江戸時代の絵師・岩佐又兵衛狩野山雪伊藤若冲、曽我蕭白長沢芦雪歌川国芳に焦点を当てた。その作品の独自性・特異性、作品の生まれた時代背景、絵師の生まれ育ち、師弟関係が、興味深い語り口でまとめられている。

その後、この本で取り上げられた絵師が、日本美術の中で再評価され、伊藤若冲などの人気は凄いものになっている。江戸絵画史を塗り替えた意味でも名著と言ってよい本だろう。辻惟雄先生はこの本を書いた時は、37歳。とにかく面白く、読者をぐいぐいとひっぱり読ませる文章である。

惜しむらくは、文庫本(2004年刊行)の図版がモノクロであること。若冲蕭白の極彩色の魅力を伝えるには、カラー版であって欲しかった…。しかし朗報が一つ。2019年2月より、辻先生の弟子である山下裕二先生監修の「奇想の系譜展」が東京都美術館で開催される。この本で取り上げられた作品をその目で観る絶好の機会であるとともに、展覧会の開催にあわせて『奇想の系譜』フルカラーの新装版も刊行された。

muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

スロージョギング:心拍数を上げないようにペースを落として、5km 走ってみた

スロージョギングの「にこにこペース」とは、有酸素運動のペース。それは心拍数を 129 以下に抑えるペースであり、9分 / km(時速 6.7km)が目安になる。

muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

土曜は雨でジョギングもサボってしまったが、日曜の夕方、雨が小降りになってきたのを見計らって、ジョギングに出かけた。雨の中、水滴で眼鏡が見えにくくなるものの、涼しく走りやすかった。

心拍数が 129 以上にならないよう、心拍数が上がってきたら深呼吸を交えたり、少しペースを抑えたりしながら走る。今回、さらに距離を伸ばして、 5km 走った。かかった時間は 46分、結果的に 9分 / km というペースであった。

f:id:muranaga:20210816000802p:plainf:id:muranaga:20210816000814p:plain
5km を 9分 / km、平均心拍数 123 で走る

狙い通り、ほぼ全区間有酸素運動、 平均心拍数 123、最大心拍数 132、走行直後の心拍数 113 で走ることができたのである。そして 5km まで距離を伸ばすこともできて、喜びもひとしおである。鶴見川沿いにワールドカップ大橋と新羽橋の間を走る、僕個人の 5km のコースを見つけることができた。

忙しい平日の朝は 3km、休日は 5km 走ることを考えたい。

f:id:muranaga:20210816000629p:plainf:id:muranaga:20210816222221p:plain
鶴見川沿いを 5km 走る:8月15日と16日の比較

さらに心拍数を抑えて 5km 走ってみた(追記:2021年8月16日)

翌日、同じ 5km のコースを、さらに心拍数を抑えて 120 より上がらないようなペースで走ってみた。これは『ランニングをする前に読む本』で推奨されていた「にこにこペース」、心拍数 118 が目安となっている。

結果的にペースは 9分30秒 / km、正直、速歩きよりも遅いくらいであった。平均心拍数 114、最大心拍数 123。走行直後の心拍数は何と 100 を切って 99。地図上ではほぼ薄いオレンジ色で表示され、有酸素運動よりも軽度の運動と認識される区間もある。

ここまでペースを落とす必要はないのかもしれない。昨日 8月15日のペース、つまり心拍数 129 より上がらないペース、9分 / km くらいが、今の僕にとって適切なスロージョギングのペースと思われる。

f:id:muranaga:20210816222156p:plainf:id:muranaga:20210816222209p:plain
5km を 9分30秒 / km、平均心拍数 114 で走る

muranaga.hatenablog.com

安達奈緒子さん脚本のドラマにハマっている

安達奈緒子さん脚本のドラマにハマっている。

まず何と言っても、今放映されている NHK の朝ドラ「おかえりモネ」

気象予報士の成長を描いた物語だが、海・山・空という自然が相手。その自然にまつわる漁業、林業、気象予報といった仕事が丁寧に描かれている。そして海も山も空も、水の循環でつながっているという気象の本質を改めて思い出させてくれる。

さまざまな人物が登場するが、皆、市井に普通にいる人たちばかり。その何気ない日常の積み重ねの中で、心の揺れがあり、迷いや葛藤がある。またそれぞれ過去に傷つき、小さなトラウマを抱えて生きている。悪意のある人は出てこない。お互い自分のことも考え、相手のことも思いやっているのだけれど、ちょっとした言葉で距離を感じたり、すれ違ったり、時にはぶつかったりしてしまう。でもそれが長期に深刻にこじれていくのではなく、お互いに少しづつ歩み寄って前向きに解決していこうという希望がある。

そして出演している俳優さんたちの演技も上手くて、表情の変化・視線の変化だけで、繊細な心の動きを表現している。

www.nhk.or.jp

「おかえりモネ」に出演している内野聖陽さんと西島秀俊さんが主演している「きのう何食べた?」。これも安達奈緒子さんの脚本でドラマ化されたものである。話題になったドラマだが見逃していた。「おかえりモネ」を機に、Amazon Prime ビデオで、スペシャル編も含めて、全話一気に観てしまった。ゲイのカップルの物語だが、これもさりげない日常のシーン、言葉のやりとりの中に繊細な思いが隠れているドラマである。内野聖陽さんの演技が光る。

www.tv-tokyo.co.jp

そういえば「G線上のあなたと私」安達奈緒子さんの脚本だった。大人になってからバイオリンを習い始める主人公。これも少しづつ日常を積み重ねていく展開が好きで、放送当時、秘かにハマって観ていたのだが、今になって同じ脚本家によるものだと気づいた。

www.tbs.co.jp

「おかえりモネ」もいよいよ後半戦。それぞれが抱えているさまざまな過去やトラウマが明らかになり、またいくつかの伏線が回収されていくことだろう。ムック本を2冊とも買ってしまった。

撮影裏話が楽しい。主人公の住んでいる銭湯の間取り、特にコインランドリーとの位置関係もわかった。

そして次週、「きのう何食べた?」で絶妙のコンビを見せた内野聖陽さんと西島秀俊さんが、とうとう「おかえりモネ」でも同じ場面で共演する。しかもかなり重要で深刻なシーンになるらしい。

でもムック本の巻末にある先のストーリーのところは、絶対に読まない。毎日、どきどきわくわくしながらテレビに向かっている。

ドラマが終了したら、シナリオ本が発売されないかしら?一つ一つのセリフ、ト書き…。きっと熟読してしまうことだろう。

そうそう銭湯の謎の住人、宇田川さん。声だけの出演。誰だろう?僕はサンドウィッチマン富澤たけしさんではないかと思っている。NHK「サンドのお風呂いただきます」でお風呂つながりでもあるし、仙台に縁のある芸人さんでもある。はてさて?

スロージョギング:速歩きと同じくらいのペースでよさそうだ

心拍数を測りながらスロージョギングのペースを掴もうとしており、8分30秒 - 45秒 / km ぐらいだと、平均心拍数 129 - 130 で、僕にとっての「にこにこペース」なのかな、と思っている。昨日、このペースでいつもより距離を伸ばして走り、今日も同じくらいの距離を走ってみた。今日は少しペースが落ちて 9分9秒 / km、平均心拍数 126、直後に測定した心拍数は 111。

これを「Mi スマートバンド5」のアプリ Mi Fit で表示させてみると面白いことがわかった。昨日と今日とでほぼ同じ距離を走ってみたが、その表示がかなり違っていたのだ。左が昨日、8月11日のデータで、右が今日、8月12日のデータである。

f:id:muranaga:20210811233933p:plainf:id:muranaga:20210814175521p:plain
スロージョギング:8月11日と12日の比較

地図上で表示されるオレンジ色の濃淡が違う。今日は薄いオレンジ色で走った区間が多かったということになる。昨日と今日とで何が違ったのだろう?どうやら心拍数の違いによるみたいだ。

f:id:muranaga:20210814175500p:plainf:id:muranaga:20210814175534p:plain
スロージョギング:8月11日と12日の比較

つまり Mi Fit アプリは、ある心拍数を境に、無酸素運動有酸素運動とを分けていて、昨日は無酸素運動のペース(オレンジ色)、今日は有酸素運動のペース(薄いオレンジ色)と判別していたのである。

8分46秒 / km で走った 8月11日は、平均心拍数 129(最大 135)であるのに対して、9分9秒 / km で走った8月12日は、平均心拍数が 126(最大 135)であった。そして 129 という心拍数を境に、有酸素運動無酸素運動とに分類していたのだった。それがわかるのが次の二つの画面である:

f:id:muranaga:20210814224322p:plainf:id:muranaga:20210814224338p:plain
8月11日と12日の比較:スロージョギング直後の心拍数

これらはスロージョギング直後の心拍数を測った時のものだが、Mi Fit アプリでは、心拍数 113 - 129 を有酸素運動、129 - 145 を無酸素運動、それ以上を最大酸素摂取量の運動とみなしている。

少しネットで調べてみると、心拍数と運動強度の簡易な関係式として、心拍(HR)ゾーンという考え方があることがわかった。そこでは最大心拍数をもとに運動強度を分類しており、Mi Fit アプリはこの考え方を使っているように思われる。

  • Light Training の心拍数:最大心拍数 の 60 - 70%
  • Moderate Training の心拍数:最大心拍数 の 70 - 80%
  • Hard Training の心拍数:最大心拍数の 80 - 90%
  • Maximum Training の心拍数:最大心拍数の 90 - 100%
    • ただし、最大心拍数 = 220 - 年齢

僕の場合、最大心拍数 = 161 だとすると、

  • Light Training の心拍数 = 96.6 - 112.7
  • Moderate Training の心拍数 = 112.7 - 128.8
  • Hard Training の心拍数 = 128.8 - 144.9
  • Maximum Training の心拍数 = 144.9 - 161

なるほど、Moderate Traing = 有酸素運動、Hard Training = 無酸素運動、とすれば、Mi Fit アプリが採用している閾値と合致する。

www.on-running.com

一方、心拍数と運動強度の関係式として、安静時心拍数を使った下記のカルボーネン法というのが、よく知られているらしい。

  • 目標心拍数 =(最大心拍数 - 安静時心拍数) × 目標運動強度(%)+ 安静時心拍数、あるいは
  • 運動強度(%)= (運動時心拍数 - 安静時心拍数)÷(最大心拍数 - 安静時心拍数)

カルボーネン法にしたがって、僕の場合、最大心拍数 = 161、安静時心拍数 = 55 として計算すると、運動強度を 70% とした時の心拍数が 129 となる。

www.tyojyu.or.jp

いずれにせよ、心拍数 129 が一つの目安である。健康増進・脂肪燃焼のための有酸素運動を目的とするジョギングをするのなら、心拍数 129 以下で走ること。そのペースは、どうやら 9分 - 10分 / km くらいまで落としてもよさそうである。時速 6km - 6.7km。速歩きとほとんど変わらない速度である。

走り出すと、なぜかペースを上げようとしてしまいがちだが、我慢、我慢。最初から、歩くようなスピードでジョギングする。これを心がけたい。

cp.glico.jp

muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

スロージョギングの距離を伸ばしてみた

心拍数を測りながら自分に適したスロージョギングのペースを模索しているが、だいたい 8分30秒 / km、時速 7km で走ると、走行中の平均心拍数が 130、直後が 120 で、自分にとっての「にこにこペース」という感覚になってきた。

muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

そこで今日はそのペースをキープして、いつもの 3km よりも距離を伸ばすつもりで走ってみた。そして 4.3km を 38分ほどで走り通すことができた。8分46秒 / km、時速 6.85km というペースで走ったことになる。走行中の平均心拍数 129、直後は 121 と、ほぼ「にこにこペース」を維持できたと言えよう。何より、3km から 4km 超と、走る距離を伸ばせたことが嬉しい。

f:id:muranaga:20210811233933p:plainf:id:muranaga:20210811233947p:plain

スロージョギングを始めた頃は、時速 8 - 9.5 km(7分30秒 / km - 6分20秒 / km)で走っていたが、これはスピードの上げ過ぎで、距離を伸ばすことができなかった。

今回のように、心拍数を上げず、自分にとっての運動強度がきつくないペースをキープして走り続けることが、スロージョギングの鍵であった。正直、速歩きよりも遅いくらいのスピードである。スピードを上げたくなる気持ちを抑えることが大事である。今後、少しづつでもいいから距離を伸ばしていきたい。

muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com