Muranaga's View

ゴルフ、読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

新しいドライバーは TaylorMade GLOIRE F (2016) に決めた

スイング改造の成果として、切り返しの時に地面を蹴ることでボディーターンを行うスイングができるようになり、飛距離が伸びた。試しにヘッドスピードを測定してみると、以前より速くなっている。もしかしたら、このスピードに合ったドライバーがあるのではないか?そう思って、ドライバーの仕様を比較したり、実際にゴルフショップや試打会で打ってみたり、挙句の果てには、クラブ・フィッティングを行ったりした。

フィッティングではより硬いフレックスのシャフトを装着したカスタムクラブを勧められたのだが、まだカスタムクラブは自分には早いと考え、市販のモデルの中から、今の自分、そしてこれから数年の自分に合ったものを探すことにした。

当然、今使っている PHYZ の最新モデルも候補になるし、XXIO 9 や inpres UD+2、Be Zeal なども気になる。しかし最も関心があったのは TaylorMade(テーラーメイド)の GLOIRE F(グローレ F)の 2016年モデル(通称:グローレ F2)である。もともとシニア・アスリート向け、つまり 50代を対象にしたクラブであり、特に 2014年モデルのグローレ F ドライバーは「飛ぶ」という評判であった。シニアや女子のツアープロも愛用する名器であり、F2 が出る直前には、F の値段が下がったこともあり、僕のコーチも衝動買いしていたほどである。

残念ながらその人気の高かった 2014年の F は、もうゴルフショップにはほとんど残っておらず、試打することはできない。2016年10月に発売されたばかりの F2 は、F よりスイートスポットが広く、さらに飛ぶようになったという謳い文句。尾崎直道や室田淳といったトップ・シニアプロ、松森彩夏といった女子プロも早速使って、中でも室田プロや松森プロは優勝を果たしている。「やっぱり F2 を中心に、候補を考えよう。」ということで、ゴルフショップや試打会でも、シャフトを変えて F2 の試打を行った。

ゴルフショップによっては、ヘッドスピードが出ているのだからと、硬めの S を勧めるところもあれば、楽に振ることのできる R を勧めるところもある。僕のコーチは、R を勧めるし、中井学もまずは R から始めて、軟らか過ぎれば SR、S と順に試していくべきと言っている(『中井学 賢いクラブの使い方』読書メモ)。200ヤード打てる広い練習場での試打会では、実際の弾道も確認できた。S だと捕まらずにスライス、SR だと真っ直ぐ飛んでいく。R は SR ほどミートしない。そんな印象であった。R にするか、SR にするかかなり迷ったのだが、最後にゴルフショップでもう一度試打してみたところ、R でも SR でも真っ直ぐ系の球が打てるのだが、R の方がより力を入れずに振れることを再確認することができた。ミスヒットした時も、右に行く度合いが、SR よりも R の方が小さい。このようなことから、18ホール回ることを考えると、軽くて楽に振れる R でよいのではないかと考えた。

因みに、フレックスの表示はメーカーによっても違うし、GLOIRE も F と F2 とで違う。同じ S でも F2 の振動数の方が低く、F2 の方が F よりも柔らかい。したがって、自分でシャフトを変えて打ってみて、どれが自分に合っているか、その違いを確認することが大切だと思う。

僕の場合、最後の試打の感覚を信じて、グローレ GLOIRE F2(10.5度、シャフト R)に決めた。試打も 3度目くらいになると慣れてきて、一番、力が抜けた状態でスイングすることができたように思う。その時に、R シャフトがちょうどよいと感じたのである。

ドライバー:仕様比較
ドライバーPHYZ (2011) GLOIRE F2 (2016)
シャフトPZ-501W GL6600
フレックスRRSRS
振動数(cpm)234(S)N/A220230
ロフト(度)10.510.5
実ロフト(度)13.511.5
ライ角(度)5860
体積(cc)460460
ヘッド重量(g)N/AN/A
長さ(inch)46.2546
クラブ重量(g)282284287290
バランスD1D3D3.5
シャフト重量(g)49475053
トルク4.64.94.24.1
調子
グリップ(径、重さ)φ62、40gφ60、38.5g

クラブのスペックに加えて、振動数などの測定値については、下記のサイトを参考にした:

ついでに言えば、ヘッドスピード測定器も、ゴルフショップによって表示数値が違う。38-40m/s と出るところもあれば、43-44m/s と表示されるところもあった。自分の持っている測定器では 39-42m/s というのが、だいたいいつも表示される数値であり、少し速いと 43-44m/s という数値が出る。

ゴルフ関連 エントリ