Muranaga's View

ゴルフ、読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

人工知能の父、ミンスキーが亡くなり、囲碁プログラムが欧州のプロ棋士に勝った

先週、人工知能(AI)の父である Marvin Minsky 教授が亡くなった追悼記事)。Minsky が提唱したフレーム理論に触発された形で、知識表現システムを設計・実装したのが、入社して間もない 30年前である(第 2次 AI ブームの頃)。その後、研究所との共同研究時には何度か講演していただいたし、またその著書である "The Society of Mind" の原著を、研究グループの中で輪講したのもよき思い出である。「三歳児の知能を実現する」ことが、本質的な AI へのアプローチになると言われていた。

Society Of Mind (A Touchstone book)

Society Of Mind (A Touchstone book)

心の社会

心の社会

長期的な視野に立っていることもあり、一時、パーセプトロンなどのニューラル・ネットワークがブームになった時には、希少な人工知能研究者が一つのテーマに集中してしまうことへの懸念を表明して、その限界を証明して、ブームを終結させたことでも有名である。現在のディープ・ニューラル・ネットワーク、深層学習のもたらした第 3次 AI ブームをどのように見守っておられたのだろうか。合掌。

一方、Google DeepMind が開発した AlphaGo という AI が、囲碁のプロ棋士を破るレベルまで来たことが Nature にて発表された。3月には囲碁のトッププロと戦うらしい。2種類のディープ・ニューラル・ネットワーク(次の手を予測するネットワークと、盤面での勝者を評価するネットワーク)で、ゲーム木の探索を効率的に行うらしい。その機械学習には 3,000万手のデータを使ったとのこと。どれだけの規模の計算量になるのだろう。囲碁のシンギュラリティには、あと 10年はかかると言われていたと思うが、Google ならではの莫大な投資額があってこそのブレークスルーと言えそう。

AlphaGo に関する記事・概説へのリンクは下記の通り:

関連エントリ