Muranaga's View

読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

2回目のワクチン接種を完了、副反応は 38度を超える発熱

ファイザー製ワクチンを接種してからちょうど3週間、7月19日に2回目のワクチン接種を行った。打った左腕に筋肉痛のような痛みがあるのは1回目と同じだが、翌日から発熱、朝起きた時点で 37度あった体温が、昼過ぎには 38.1度まで上昇した。 熱が上がる時に…

「第76回 春の院展」(そごう美術館)

そごう美術館で開催されている「第76回 春の院展」に出かける。多くの日本画が並べられていて、自分の好みのものを探すのが楽しい。心象風景を描いたものも多いが、現代美術に比べると理解しやすいし、馴染み深いテーマの絵が多い。 これだけある中で、やは…

右肩の痛みは烏口突起の炎症。お薬手帳アプリを使い始めた

先週から右肩に少し違和感、というか小さな痛みを感じていたのだが、日曜日になっていよいよ痛み出し、右腕を上げるのにも支障が出てきた。腕組みをすることさえ辛くてできない。 久しぶりにかかりつけの整形外科に行くと、「烏口突起の炎症」という診断だっ…

新型コロナワクチン接種をめぐって奔走、何とか1回目を接種することができた

先週木曜日 6月24日に新型コロナのワクチン接種券が送られてきて、週末は接種予約をめぐって少しばかり奔走した。横浜市の大規模接種や集団接種、かかりつけの医者での個別接種、自衛隊の大規模接種、職域接種など、さまざまな機会が閉ざされ、イライラが募…

4人の「広重」の風景画が勢ぞろいする「映える NIPPON 江戸~昭和 名所を描く」展(府中市美術館)

初代歌川広重、明治の広重と呼ばれた光線画の小林清親、昭和の広重と呼ばれた新版画の川瀬巴水。江戸・明治・昭和の「広重」による風景版画が勢ぞろいする「映える NIPPON 江戸~昭和 名所を描く」展が、府中市美術館で開催されている。 歌川広重の名所江戸…

紫陽花(2021年)

2021年に見かけた紫陽花。家の近所をジョギングしている時や、人間ドックに行く途中で見かけたもの。 そうそう、脳ドックの結果を聞いた帰りに、経路を変えて、久しぶりに田園都市線に乗ってみたら、南町田グランベリーパークという新しい駅名に変わっていて…

人間ドックにて、8年ぶりに脳ドック。専門医の診断も受けられた

毎年恒例の人間ドック、今年は実に8年ぶりに脳ドック(頭部 MRI / MRA、頸動脈エコー)を受けた。2007年に「海綿状血管腫」が見つかり、2013年の脳ドックでの後は、別の病院の専門医の診断を仰いで「良性」と診断されている。「今回も同じものが見つかるだろ…

雨の日の美術館巡り その2:「クールベと海」展(パナソニック汐留美術館)

サントリー美術館で、ミネアポリス美術館所蔵の日本絵画を楽しんだ後は、パナソニック汐留美術館へ向かう。ここでは「クールベと海」展が開催されている。 panasonic.co.jp 19世紀フランスの写実主義を代表する画家の一人、ギュスターヴ・クールベ。既存の体…

雨の日の美術館巡り その1:「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」展(サントリー美術館)

会社休日はあいにくの雨。残念ながらゴルフはできなかったが、雨の日の美術館巡りも悪くない。6月になって多くの美術館・博物館が営業を再開している。 まず訪れたのはサントリー美術館で開催されている「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」展。ミネアポリ…

日本画を観てランチ。ゆったりとした時間を過ごす(山種美術館)

美術館・博物館が軒並み休館になっている。「どうして野球観戦や相撲観戦は許されて、空いている美術館での鑑賞は NG なのだろう?人との距離は離れているし、会話もないのに。」ちょっと不満に感じていた。同じように感じている人たちは少なからずいたに違…

書類を捨てていたら、思わぬものを発見した

リモートワーク中心の勤務となり、それに合わせてオフィスもフリーアドレス化、床面積を半分に圧縮する方向で検討を進めている。それに伴って、紙の書類を整理しなければならない。1年間、ほぼアクセスしていなかった紙の書類だから、全部捨てられるはず。そ…

『謎解き 鳥獣戯画』を読んで、「特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて」に行った気になる

緊急事態宣言によりトーハクも臨時休館となり、「特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて」に行くこともかなわなくなった。 chojugiga2020.exhibit.jp 謎解き 鳥獣戯画 (とんぼの本)発売日: 2021/03/26メディア: 単行本(ソフトカバー) 代わりに、と言っては何だが、…

書を原点とした墨の抽象画「篠田桃紅展」(そごう美術館)

2021年3月、107歳で亡くなった現代美術家、篠田桃紅の個展が、そごう美術館で開催されている。もともとは書家であったが、文字を解体し、墨による抽象画を描いた。43歳で渡米。日本人は文字の形と意味をつい探してしまうが、文字の意味のわからない海外に拠…

川瀬巴水の抒情的な風景版画を満喫する(平塚市美術館)

吉田博や川瀬巴水の風景版画が好きである。2021年は吉田博の展覧会だけでなく、「昭和の広重」と称された川瀬巴水の展覧会も開催される。しかも2回にわたって。まずは今回訪れた平塚市美術館での「川瀬巴水展」。これはもともと去年行われるはずだった展覧会…

里山ガーデンフェスタで春の花を楽しむ

里山ガーデンに出かけるのは4年ぶり。春の「里山ガーデンフェスタ」が開催されている。「ガーデンネックレス横浜」の会場でもある。 雨が本格的に降る前に、と思って、朝一番に出かけたのだが、幸い小雨程度で済み、また人影もまばらでラッキーだった。大花…

ひとめで心を奪われてしまった「渡辺省亭 - 欧米を魅了した花鳥画 -」展(東京藝術大学大学美術館)

かねてより名前は知っていたものの、実物を見る機会がほとんどなかった日本画家・渡辺省亭(1851 - 1918年)。その初めての回顧展「渡辺省亭 - 欧米を魅了した花鳥画 -」が、東京藝術大学大学美術館で開催されており、いそいそと出かけた。そしてその花鳥画…

痛風の発作から1週間、尿酸値を抑える薬を飲み始めた

人生初の痛風の発作から1週間、尿酸値を抑える薬を飲み始めた。尿酸の生成を抑制するウリアデックという薬である。一般名、トピロキソスタット。 muranaga.hatenablog.com 発症してすぐに医者に行き、痛み止めの薬を処方してもらった。幸い、痛みは 2日ほど…

新型レヴォーグ STI Sport の代車はレヴォーグ GT

新型レヴォーグのリコールおよび改善対策で、2週続けて代車に乗ることになった。先週はインプレッサ STI Sport。今週は新型レヴォーグ GT(正確には先進のアイサイトが搭載された GT EX)。ディーラーも対応が大変だろう、何とレンタカーの代車であった。 mu…

ついに痛風の発作が来てしまった

2021年4月1日。ついに痛風の発作が来てしまった。 朝、地下鉄の階段を登ったところで、右足親指の辺りに違和感を感じる。午前中、それが痛みに変わり、徐々に強くなる。午後、早めに帰宅して医者に行く。右足親指の付け根のところが若干腫れて痛む。典型的な…

桜を観る(2021年)

2021年の桜を振り返る。 3月22日。久しぶりにオフィスに出社する途中、芝・増上寺に立ち寄る。 3月24日。朝、緑道にて。ジョギングの足を止めて、お花見。 3月27日。ホームコースの入間カントリー倶楽部にて。 3月28日。三菱一号館美術館にて「コンスタブル…

インプレッサ STI Sport の印象

3ケ月前に納車したばかりの愛車、レヴォーグ STI Sport のリコール対応のために用意された代車は、黒のインプレッサ STI Sport であった。2020年10月に発売されたばかりのモデルで、その試乗車が代車として用意されたのである。 www.subaru.jp インプレッサ…

ターナーと並ぶ英国の風景画家「コンスタブル展」(三菱一号館美術館)

ディーラーの作業が予定より半日早く終了したので、代車から愛車に乗り換え、三菱一号館美術館で開催されている「テート美術館所蔵 コンスタブル展」に出かける。一歳年長の J. M. W. ターナー(1775-1851年)とともに、英国の風景画の評価を高めたジョン・…

観梅(2021年)

2月11日、23日と近くの公園の梅林まで散歩。11日はまだ一部の梅しか咲いていなかったが、23日にはしだれ梅などが見ごろになっていた。 公園の近くには、大倉山記念館がある。映画のロケ地などにも使われる建物である。 大倉山記念館 muranaga.hatenablog.com…

10数年ぶりに、プリンターと Wi-Fi をアップデートした

2008年の年末から12年間愛用していた EPSON のプリンター EP-901A が、インクトナーを認識しなくなった。何度かトラブルに見舞われたものの、一度修理に出しただけで活躍してきたプリンターだが、もうそろそろ寿命かもしれない。Mac OS のドライバーが対応し…

長期休館となる前に横浜美術館「トライアローグ」展、「ヨコハマ・ポリフォニー」展に行ってきた

横浜美術館は来月3月1日より、大規模改修工事のため 2年超の長期休館に入る。その前の最後の展覧会となる「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」展に行ってきた。そのタイトルの通り、横浜美術館・愛知県美…

朝日が昇り、富士山を染める

ちょうど日の出の時刻に川沿いをジョギングしていましたが、その足を止めて、撮影しました。 muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

リュックタイプのビジネスバッグを新調した

通勤用に使っているのはバッグはリュックタイプ。以前は TUMI のショルダーバッグを愛用していたが、左右のバランスを保つためにエースのビジネス・リュックに替えた。軽量で腰への負担も少ない。ビジネス・リュックを使い始めて、5年が経ち、ファスナーが壊…

「没後70年 吉田博展」(東京都美術館)にて、200点もの木版画を堪能する

「没後70年 吉田博展」が、東京都美術館で1月26日より開催されている。吉田博(1876 - 1950)は、洋画家としての卓越した技術と、日本の伝統的な版画技法を統合することにより、独創的な木版画制作を確立した画家である。吉田博の絵は海外での評価が高く、ダ…

厄除けと散歩を兼ねて「横浜七福神」巡りをしてみた

今年還暦を迎える。つまり本厄の年にあたる。お祓いの代わりにはならないと思うが、厄除けと散歩を兼ねて、地元である横浜・港北の七福神巡りをすることを思い立った。「横浜七福神」巡りとして、横浜日吉新聞に紹介されている。 hiyosi.net 個人的には「横…

SD カード(安全運転ドライバーカード)を取得した

SDカードというと、ふつうは SDメモリカードを思い浮かべるが、そうではなくて、安全運転ドライバーであることを示す SDカード(Safe Driver Card)というのがある。これを僕のホームコースである入間カントリー倶楽部のフロントでチェックインの時に提示す…