Muranaga's View

読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

Health

フードを着脱できる花粉対策の眼鏡

花粉症にビタミンDが効くという話は、やはり僕には当てはまらず。今年はルパフィンを寝る前に一錠飲み、朝出かける前に点鼻薬。そして一日数回、点眼薬をさす日々を過ごしている。僕の場合、目の症状がきつく、痛痒くなる。外出後、ひどい時は瞼が上下でくっ…

左足の甲の痛みが続いている

2月2日、土曜日の朝から、左足の甲を中心に痛みが生じ、ずっと継続している。金曜日にいつもより多く歩いたせいかな、と思いつつ、美術館巡りの間も痛みがある。痛みで歩けないほどではないが、歩きにくい。以前(6年前)、似たような痛みを感じた時には、左…

痩せるために「みんなで筋肉体操」をやってみよう

去年の8月、深夜に放送された NHK 「みんなで筋肉体操」は、マッチョな三人の男(俳優、弁護士、北欧系の庭師)がひたすら筋トレを行うシュールな画面が話題を呼んだ。この番組を監修・指導したのは谷本先生。その印象的な逆三角形の上半身。「あと5秒しかで…

新しい花粉症の薬を試すか、ビタミン D を摂取するか

1月末、そろそろ花粉が飛び始めているのを、わが花粉センサーである目が感じ取っている。20代半ばの頃からだから、もう 30年以上、花粉症に悩まされ、毎年この時期は抗ヒスタミン剤のお世話になっている。20年近く、あまり深く考えずに、鼻水を止めてくれる…

介護体制を整える

昨年末からは今年にかけて、平日にも何度か休みをとって、老親の介護体制を整えるべく動いていた。親の希望、老老介護の厳しさ、信頼できる医療・医師、遠距離であることなど、さまざまな観点を考慮しつつ、介護老人保健施設(いわゆる「老健」)の利用とい…

毎年恒例、人間ドックを受診

毎年恒例、人間ドックを受けた。今回は通常の検査に加えて、鼻からの胃カメラ、胸部CT、CA19-9(消化器・膵臓がんの診断マーカー)、動脈硬化スクリーニングを受診。胸部CT は、1-2年おきに受診しているが、肺・心臓だけでなく、肝臓・膵臓まで撮ってくれる…

遺伝子検査 MYCODE を受けてみた

遺伝子検査 MYCODE を受けてみた。東京・神奈川在住・在勤の人向けに割引キャンペーンがある。唾液を採取して返送すると、2週間ほどで、その結果が Web サイト上で見られるようになる。かなり詳細で、たとえば以下のようなことがわかる: さまざまな病気の発…

インフルエンザの予防接種、今年は残念ながら効果がなかった

先週の木曜日の夜から発熱、金曜日の朝に医者に行ったら、B型 インフルエンザと判明した。毎年、インフルエンザの予防接種を受けており、人混みではマスクをする、うがい・手洗いの徹底など、それなりに気をつけていたつもりだったのだが…。予防接種を受けて…

小指の拘縮

1ヶ月ほど前にころびかけて、右手小指を地面にぶつけてしまった。その際、特に腫れもせず、痛みも軽かったので、そのままにしておいたのだが…。1ヶ月経っても、痛みというほどではないが、何となく違和感がある。指を曲げる分には問題ないが、伸ばそうとする…

今年になって発症したアレルギー:イネ科の花粉症と抗生物質のアレルギー

イネ科の植物がアレルゲンになるということがわかった訳だが、近所の緑道を 10分ほど歩いたら、途端に目がチカチカと痛みだし、5月から8月にかけても花粉症になることが決定的になった。初夏の緑道の散歩。好きだったのになぁ。スギ花粉ほど症状は重くないが…

花粉症のアレルゲンを調べる血液検査の結果が出た

鼻水が止まらないまま、人間ドックを受けたが、結局、花粉症なのか、風邪なのかよくわからなかった。その後、幸いにも花粉症の症状は治まっており、抗ヒスタミン剤なしでも過ごせている。しかしこの際、アレルゲンを調べる血液検査を受けてみて、スギ以外に…

花粉症の症状のある中、人間ドックを受けた

連休明けに出社すると、目がチクチク、くしゃみ・鼻水という花粉症の症状が出た。連休中にオフィスの壁撤去の工事が行われ、その際に出た埃、あるいは長年溜まっていたスギ花粉が舞っていた可能性がある。週末、花粉症の症状は治まったので、オフィスに特有…

一日 1万歩をめざし、2駅歩く

健康のために一日 1万歩、歩くのを目標としている。そのためにオフィスの最寄駅である川崎駅ではなく、一つ手前の尻手駅から歩くのが日課である。ところが夏に向けて、朝、尻手から川崎へは東向きで、直射日光に向かって歩くことになることがわかった。木陰…

9ヶ月ぶりに BPPV(良性発作性頭位めまい症)、めまいリハビリ体操を学ぶ

季節の変わり目、睡眠不足もあったのか、9ヶ月ぶりに BPPV のめまいにおそわれた。月曜日の夜、就寝しようとした時に兆候を感じ、翌朝起床の時には回転性のめまいの症状として現れた。ただいつもより軽かったので、1日安静にしていれば大丈夫かと思って寝て…

口に含むタイプの花粉症治療薬:シダトレンスギ花粉舌下液

アレルゲンであるスギ花粉の成分を、注射せずに、舌の下に垂らして、しばらくしてから飲むタイプの薬が認可されたとのこと(Yomiuri Online)。鳥居薬品 の「シダトレンスギ花粉舌下液」。その 講習会に出た小児科医のブログによると、専門の医師に処方して…

冷感湿布と温感湿布の違い

ゴルフ肘に温感湿布をしばらくの間使っていたのだが、肌がかぶれてしまい、発疹・かゆみに悩まされることになった。暖めた方がいいのかと思って、温感湿布を使っていたのだが…。整形外科の先生にその辺りの事情を教わった。温感湿布、冷感湿布と言っているが…

地面を叩き過ぎ? 「ゴルフ肘(テニス肘)」になってしまった

先週火曜日の朝、いつものように何気なく左腕をコートの袖に通そうとした時、ピリッと電流のような痛みが左肩に走った。そしてだんだんと痛みが増し、左腕を上げにくい状態に。半年ほど前の滑液胞の炎症と同じだと思ったので、温感湿布で様子を見る。幸い、…

オフィス引っ越しから 1ヶ月、一日 1万歩の日々

新しいオフィスに引っ越してから1ケ月。まだフル営業ではないのか、食堂のメニューの品揃えが少なくて昼食難民気味だし、銀行の ATM が一つしかなくて混雑するといった不満はあるものの、IT 整備など執務環境はよくなっている。(写真はオフィスの玄関のイル…

久しぶりの縁あり眼鏡

雨の日のゴルフ練習場。何気なく眼鏡のレンズを拭いたら、フレームが壊れてしまった。もう10年以上も使っているので、寿命が来ていたのかもしれない。このフレームに2年半ほど前に、遠距離に焦点を合わせたレンズを入れて、ゴルフ用・ドライブ用に使ってい…

「良性発作性頭位めまい症」の自宅でできる予防・治療法

先週、今週と「良性発作性頭位めまい症」(BPPV:Benign paroxysmal positional vertigo)の軽い症状が出る日があった。頭を一定の方向に向けると、ぐるぐると回転し始める。そうならない姿勢を探して、何とか日常生活は過ごせているが、ずっともやもやする…

立花隆『がん 生と死の謎に挑む』

日本人の半分ががんになり、三分の一はがんで死ぬ時代。立花隆自身ががんになり、同時期に長年の友人をがんで亡くした。それをきっかけに「そもそもがんとは何なのか。」「がん医療はどこまで進んだのか。」といった基本的な疑問に答えるべく、多数のがんの…

電動歯ブラシを使い始めた

歯磨きはものごころついた時から 40年以上、ずっと手でやってきた人なのだけど、電動フロッシングを試してみた勢いをかって、電動歯ブラシを使ってみることにした。歯医者さんによる電動歯ブラシのオススメを見てみると、どうやらフィリップス(Philips)の…

3ヶ月に一度の歯医者通い、電動フロス

今日は 3ヶ月に一度の歯科検診。幸い虫歯はなく、歯石を取ってもらってすっきりする(ちなみに歯石を英語で tartar といい、歯石を取ることを scaling といいます)。僕が通っている歯医者さんだが、結婚して横浜に引っ越してきて以来だから、もう25年以上も…

人間ドックにて、脳 MRI/MRA、肺 CT、胃カメラ検査を受ける

昨年から、鼻からの胃カメラ検査ができる東林間の病院にて、人間ドックを受けている。早朝、横浜線、小田急江ノ島線と、普段と違う方向へ向かう列車を乗り継いで行くのが、何だか新鮮だ。前日の立食パーティでビールを飲むのを我慢した。「普段通りにしてな…

今年はスギ花粉症が少し早く終息

Facebook でのつぶやきを振り返ってみると、今年は花粉症が少し早く終息したようだ。 2013.3.19: ものすごく希望的観測なんだけど、もしかして先週末あたりから、都心のスギ花粉はピークを過ぎていない?症状が軽くなった気がするのだけど。心なしか電車の…

花粉症と出身地の相関

花粉症で目が痒い。痛い。真っ赤。家内は「自業自得でしょ」と冷たい視線。はい、そうです。この季節、ゴルフはあきらめないといけないのかなぁ。ライバルである友人も鼻水をすすりながらラウンドしていたし、もう一人は帰りの車の中でくしゃみが止まらず、…

花粉症と思ったら風邪だった

花粉症の季節、花粉が飛び始める前から毎朝薬を飲み、点眼・点鼻薬も服用している。それにもかかわらず、一昨日から鼻水が止まらない。それが喉に落ちて咳となる。今年は花粉が多いのかな。憂鬱な季節が始まった。… と思っていたら昨日から鼻水に加えて、寒…

良性発作性頭位めまい症を治すエプリー法(Epley maneuver、浮遊耳石置換法)を試してみた

せっかくのお正月にもかかわらず、症状は軽いものの、再びめまいを感じたので、箱根からの帰宅後、エプリー法(Epley maneuver、浮遊耳石置換法)を試してみることにした。これは三半規管に移動してしまった耳石を、頭を動かすことによって本来あるべき場所…

ガングリオンを注射器で吸い出す

肉離れを診てもらうついでに、先月から悩まされてきた左足甲のガングリオンに、注射針を刺してもらった。1ヶ月半、症状はあまり改善しておらず、左足甲の腫れが再び大きくなってしまい、靴があたって痛い。前回は粘性が強く吸い出せなかったが、今回は注射針…

クリスマス・イブに肉離れ

休日のクリスマス・イブ。ほとんど人がいないゴルフ練習場(レッスンの振替日)にて、準備運動のつもりで屈伸した途端、右足ふくらはぎにグキッという違和感。あちゃー。肉離れ? 幸い症状はごく軽く、しばらくたっても内出血の症状はない。深く膝を曲げた時…