Muranaga's View

読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

令和最初の美術鑑賞は、国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」

令和最初の美術鑑賞は、国立新美術館で開催されている「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展。あまり予備知識なく出かけたのだが、行ってみると19世紀から20世紀にかけてのウィーンの歴史、社会、文化、風俗を俯瞰することのできる大変興味深い展覧会だった。

f:id:muranaga:20190511115008j:plain

f:id:muranaga:20190512182538j:plain

ウェブサイトから、この展覧会の紹介文を引用する。

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の装飾的で煌きらびやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、ヨーゼフ・ホフマン(1876-1958)、アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場し、ウィーンの文化は黄金期を迎えます。それは美術の分野のみならず、音楽や精神医学など多岐にわたるものでした。
本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化モダニズムへの過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会です。18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる本展は、ウィーンの豊穣な文化を知る展覧会の決定版と言えます。

展覧会は時代順に4つの部に分かれている。自分なりに学んだポイントをメモしておく。

1.啓蒙主義時代(1740年代から1790年代)

2.ビーダーマイアー時代(1814 - 1848)

3.リンク通りとウィーン

  • 1857年、ヨーゼフ1世時代にウィーンを取り囲む城壁を壊し、リンク通りを完成
  • リンク通りの沿線に市庁舎、劇場、美術館などを建設、リンク通りはウィーンのシンボルとなる
  • 画家ハンス・マカルト演出による皇帝夫妻銀婚式のパレード
  • 1873年、ウィーン万国博覧会開催、日本画・日本庭園も展示されジャポニズムの火付け役になる
  • ワルツ王ヨハン・シュトラウスもこの時代

4.1900年

f:id:muranaga:20190511113025j:plain
クリムト「エミーリエ・フレーゲの肖像」

それにしても、クリムトのコーナーになると、いきなりその洗練された装飾性を感じることになった。さすがクリムト。その個性的な絵は、好みが分かれるかもしれないが、一見の価値あり。東京都美術館「クリムト展」をやっているが、そのよい予習になる展覧会であった。

美術館のショップで入手した、千足伸行氏によるこの入門書は、今回の展覧会の内容を復習するのに最適の本である。

artexhibition.jp

klimt2019.jp

muranaga.hatenablog.com

今さらながら、エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)を学んでいる

諸般の事情から、エンタープライズアーキテクチャ(Enterprise Architecture, EA)を、今さらながら学んでいる。10数年前、2000年代中頃に流行った IT 戦略策定のフレームワークである。

もともと僕は、ERP のような企業内の基幹系情報システムよりも、Web やデジタルマーケティングなどの事業側、フロントエンドのデジタル・ITの世界にいた人間なので、EA という言葉は知っていたが、中身を勉強したことはなかったのだ。

EA という言葉はなんだか久しぶりに聞いた気がする。そもそも EA は、今の IT 業界ではどのように位置づけられているのだろう?過去の遺物みたいな扱いなのだろうか?米国 Gartner による「デジタル時代に改めて脚光浴びる EA」という 2017年11月の記事があるが、そこでは「2010年ごろに欧米でも、EA は瀕死状態に」なったとある。「EAの関心事が IT アーキテクチャだけになってしまった」「2000年代後半にはクラウドコンピューティングやモバイルデバイスなどが登場し、IT部門にすればEAよりも、これらの新しいITに取り組む必要」があったのが、EA がいったん死んだ理由であると言う。

it.impressbm.co.jp

しかしデジタルの進歩により、ビジネスとテクノロジーがより緊密になっており、もう一度、EA が見直されているというのである。ITアーキテクチャだけの EA は終わったが、事業戦略とテクノロジーを結びつけるビジネス・アーキテクチャをしっかり考えるために、顧客志向・ビジネス駆動の EA が必要とされているとのこと。なるほど。

EA について簡単に復習すると、4層に分けて業務をモデリングする考え方。その4層とは

  1. ビジネス・アーキテクチャ(BA)
  2. データ・アーキテクチャ(DA)
  3. アプリケーション・アーキテクチャ(AA)
  4. テクノロジーアーキテクチャ(TA)

であり、この視点から As-Is を可視化・分析、将来の To-Be の姿を描き出し、そこへの移行計画を作成していく。「業務と情報システム全体の見取り図のようなもの」(前出 Gartner 記事)である。

企業のIT戦略を考えるうえで、この4つの視点から整理していくのは分かり易い。ただし、それを徹底的にやるのはしんどそうだし、ビジネスモデルの変化に柔軟に対応できるかが鍵になりそうだ。もともと経産省エバンジェリストとなっていた時期もあるが、官公庁のように業務が大きく変わらないのなら、しっかりアーキテクチャを設計するのもいいだろう。しかし事業変化に対応しなければならない企業の場合、一度アーキテクチャを固めたとしても、ビジネス・業務はどんどん変わっていく。それに柔軟に対応できるようなアーキテクチャは可能なのか。

EA を学ぶにあたって、最初に手にとった入門書は、出版年月が新しい順に、次の 3冊である:

AI時代のエンタープライズ・アーキテクチャ

AI時代のエンタープライズ・アーキテクチャ

『AI時代のエンタープライズアーキテクチャ』(NTTテクノクロス著)は、2017年4月刊行で、EA を今の視点で語っている。「AI時代の」と謳っているが「クラウド時代の」EA を解説した本である。3部構成になっており、第1部、第2部で AI の応用と実践例としての、第3部でクラウド時代の EA を説明する。著者は元 NTTソフトウェア、現 NTT テクノクロス。その次に挙げた『よくわかる最新エンタープライズアーキテクチャの基本と仕組み』(NTTソフトウェア著)の続編と言ってもよいかもしれない。

3番目に挙げた『かんたん!エンタープライズアーキテクチャ』は、UML (Unified Modeling Language) を使った業務・情報システムの最適化を謳っている。BA・DA・AA・TA、それぞれのアーキテクチャ設計でのアウトプットが例示されているので、EA 設計の仕事の中身をイメージしやすい。現行EA、将来EA の作成、現行から将来への移行計画の作成、RFP への活用、EA の運用・保守、社内標準作成など、EA 設計の流れの順番に従って解説されている。

より詳しく学ぶには『企業情報システムアーキテクチャ』という本があり、上記『AI時代のエンタープライズアーキテクチャ』からも、ところどころ参照されている:

企業情報システムアーキテクチャ

企業情報システムアーキテクチャ

この本では、企業レベルの情報システムのアーキテクチャを、俯瞰的・包括的に「広く浅く」論じている。情報系の大学・大学院の講義レベルであり、CIO となったら身につけるべきビジネス・アプリケーション設計・構築の基礎知識を復習することができる。ER (Entity - Relation) を使ったデータモデリング(概念、論理、物理)、アプリケーション分割(プレゼンテーション層、ビジネスロジック層、データベース層)、モジュール間連携、可用性や性能・セキュリティなどの非機能要件、運用管理、移行計画など、情報システム設計のポイントを解説している。残念ながら 2009年の本なので、技術的には少し古びたところがある。WebサービスSOASaaS について入門的な説明はあるものの、クラウドコンピューティング時代に必要となる IT アーキテクトとしての知識は、別途詳しく学ぶ必要がある。

余談だが、EA の中の BA を扱う時に、「ビジネスモデリング」という言葉をよく見かける。この言葉が、事業経営で使う「ビジネスモデル」とは異なるニュアンスで使われているのを理解するのに、少し時間がかかった。経営とか事業に携わっていると、「ビジネスモデル」と言えば、「収益モデルを含めたビジネス・事業の仕組み」ととらえるのが一般的である。「ビジネスモデル」を創出する・変革する、というと、たとえば「ビジネスモデル・キャンバス」のような俯瞰図を使って、議論することが多い。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

一方、EA の世界での「ビジネスモデリング」とは、業務の流れを UML (Unified Modeling Language) や BPMN (Business Process Modeling Notation) などのような言語を使ってモデル化することを意味する。つまり「ビジネス=事業」のモデリングではなく、「ビジネス=業務=ワーク」のモデリングということになる。下記の著書のタイトルにあるような「ビジネスモデル設計」という言葉も、業務のモデル化・ワークフローの設計を指すのであり、新しい事業モデルを構築することを指すのではない。ビジネスという言葉の多義性が生む、ちょっとした誤解ポイントのような気がする。(こんなところに引っかかるのは、僕だけかもしれないが。)

www.bpm-portal.jp

今年の花粉症対策を振り返ってみる

5月の連休を前に、ようやくスギ花粉がなくなったらしく、花粉症の症状が治まってきた。意外だったのは美術館。三菱一号館美術館に入ってしばらくすると、鼻がムズムズ、目が痛み始めた。美術館は作品保護のため、風を通さないのかしらん。観客によって持ち込まれたスギ花粉が館内に残っているのかもしれない。

スギ花粉のシーズン終了にあたり、今年の花粉症対策を振り返ってみる。

以下の二つは、花粉が少なくなってからの導入なので、はっきり言えないところもあるが、効果はあったと思う:

  • 花粉症対策メガネは、ゴルフに使い、その日の夜の症状がいつもより軽かった。一定の効果はあったと思う。
  • ワセリンを鼻に塗る。英国で定番の予防らしいが、この効果は明確には言えない。鼻には効いていると思うが、目の症状を抑えるところまでには至らず、という感じだろうか。

muranaga.hatenablog.com

muranaga.hatenablog.com

muranaga.hatenablog.com

平成最後の美術館巡りは、「へそまがり日本美術」展(府中市美術館)から「ドービニー展」(損保ジャパン日本興亜美術館)へ

平成最後の美術館巡りは、府中市美術館「へそまがり日本美術」展。へそまがりな禅画。徳川将軍の下手だけど味のある絵。蘆雪、蕭白若冲ら「奇想の画家」たちが緩く崩して描いた絵。「へたウマ」「ゆるカワ」な絵が楽しい。丁寧な解説を読みながら、肩の力を抜いて観て回れる展覧会である。

公式図録は市販されていて、その表紙を飾るのは徳川家光の兎の絵。ある意味、ちょっと衝撃的な絵である。

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

話題を呼んでいる展覧会らしく、連休中の雨の日であるにもかかわらず、開館時刻を少し過ぎた 10:30 には、最初の方の展示の解説を読む人たちで行列ができていた。無料駐車場も、10:20 過ぎには満車になっていた。その前に滑り込むことができて幸運だった。

併設のカフェでランチを取った後は、甲州街道を東へ上って新宿へ。損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている「シャルル=フランソワ・ドービニー展」を観る。ドービニーは印象派の少し前の風景画家であり、バルビゾン派に位置づけられる。実際にはバルビゾンには住んでいなかったが、川辺・水辺の作品が素晴らしい。刻々と変化する水面を素早いタッチで描いたドービニーの作品は、のちの印象派の画家たちに影響を与えたし、また自らもモネらの作品を積極的に評価したとのこと。この展覧会は、印象派の源流となったドービニーの作品をまとめて観るよい機会である。会場で上映されている紹介のアニメーション映像がある:


【東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館】「ドービニー展」紹介アニメーション

この映像でも紹介されているように、ドービニーは船(ボタン号)を入手、アトリエ仕立てにして、川を旅しながら、さまざまな水辺の風景を描いた。重い画材を抱えた移動から解放されての船の旅からは、シリーズものの作品群が作られている。

展覧会の最後には、美術館所蔵のゴッホ「ひまわり」とセザンヌりんごとナプキン」が並べられている。日本において、その筆使い、色使いをいつでもじっくり眺めることができる貴重な機会を提供している。

fam-exhibition.com

www.sjnk-museum.org

ミニチュアの世界観が楽しい「センス オブ スケール展」(横須賀美術館)

朝の連続テレビ小説ひよっこ」のオープニングは、日用品の中に人物のミニチュアを置く映像が印象的だった。その田中達也さんの「見立て」の世界観が楽しめる「センス オブ スケール展」が、横須賀美術館で開催されている。ちょっとした日帰りドライブも兼ねて、出かけてみた。

f:id:muranaga:20190429123423j:plain

f:id:muranaga:20190429123544j:plain

f:id:muranaga:20190429123224j:plain

f:id:muranaga:20190429123713j:plain

f:id:muranaga:20190429123341j:plain

田中達也さんの作品は、ウェブサイト Miniature Calendar でも毎日楽しめるようになっている。そしてこの展覧会では、田中さん以外のさまざまな作家のミニチュア作品が集められている。

f:id:muranaga:20190429131553j:plain

f:id:muranaga:20190429124224j:plain

f:id:muranaga:20190429125222j:plain

f:id:muranaga:20190429124853j:plain

横須賀美術館は海に向かって庭が広がっており、ちょっとした憩いの場所を提供している。訪れるのは 3回目だが、初めて屋上まで上ってみた。地形を生かしつつ、ユニークな設計の建物である。

f:id:muranaga:20190429105329j:plain

f:id:muranaga:20190429130952j:plain

f:id:muranaga:20190429131041j:plain

f:id:muranaga:20190429131637j:plain

横須賀美術館にあるレストラン、アクアマーレは、南青山・アクアパッツァの日高シェフのお店である。地元の食材を活かしたイタリアンのランチはとても美味しい。

f:id:muranaga:20190429114228j:plain

f:id:muranaga:20190429114217j:plain

f:id:muranaga:20190429115831j:plain

www.yokosuka-moa.jp

miniature-calendar.com

日本美術を左脳と右脳で観る "information or inspiration?" (サントリー美術館)、門外不出の海運王バレル・コレクション「印象派への旅」(BUNKAMURA)

サントリー美術館で開催されている「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」は、デザイナーの佐藤オオキさんNENDO)が提案する、日本美術の新たな楽しみ方を満喫できる展覧会である。

作品の背景や作者の意図を知る左脳的なアプローチか、ただあるがままに右脳的に感じるか。一つの作品を二つの見方で観るために、最初は inspiration のコース、次は information のコースと、美術館を2周回る。最初は感じるままに、その次はその作品の背景知識となる解説を読み、同じ展示物に対して、異なる感動を味わえる企画になっている。撮影可なのに気づかず、写真を撮らなかったのは残念だが、ウェブサイトでその楽しみ方を知ることができる(動画)。information コースでのイラストを使った解説が非常にわかりやすい。

f:id:muranaga:20190427102206j:plain

さてサントリー美術館の会員更新をすると、過去の展覧会の図録を一冊もらえる。今回は「のぞいてびっくり江戸絵画 科学の眼、視覚のふしぎ」をゲットした。

f:id:muranaga:20190427114124j:plain

六本木から渋谷まで足を伸ばして、BUNKAMURA ザ・ミュージアム「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展へ。印象派より少し前の時代から、印象派にかけての作品が集められている。少年のころから絵画に興味を持っていたバレルが、のちに海運王となり購入したコレクションは、英国から門外不出だったそうで、初めて観る作品ばかり。本国のコレクションが改装中のため成立した展覧会だそうだ。9,000点以上もあるコレクションの中から、80作品ほどが初来日した。アンリ・ファンタン=ラトゥールの「春の花」、アンリ・ル・シダネルの「雪」や「月明かりの入り江」など、美しい小品が多い。お洒落な装丁の図録を入手した。

f:id:muranaga:20190430164046j:plain

f:id:muranaga:20190427134338j:plain
アンリ・ル・シダネル「月明かりの入り江」

f:id:muranaga:20190430164247j:plain
アンリ・ル・シダネル「雪」

f:id:muranaga:20190508002244j:plain
アンリ・ファンタン=ラトゥール「春の花」

f:id:muranaga:20190427140024j:plain

www.suntory.co.jp

www.nendo.jp

「ラファエル前派の軌跡」を辿り(三菱一号館美術館)、その第二世代にあたるウィリアム・モリスの壁紙を鑑賞する(そごう美術館)

19世紀、ラファエロを模範とする英国ロイヤルアカデミーへのアンチテーゼとして生まれた「ラファエル前派」。ラファエロより前の初期イタリア・ルネサンスの画家に倣った細密な描写を特徴とする。その支持者であるラスキンの素描と、ラファエル前派の主要な画家たちによる作品が集められた「ラファエル前派の軌跡展」を観に、三菱一号館美術館を訪れた。

mimt.jp

mimt.jp

f:id:muranaga:20190421121139j:plain
三菱一号館美術館

内的な思考や精神の状態を表現しようとした象徴主義の運動の一つに、英国の「ラファエル前派」は挙げられる。ただこの展覧会に出展されていたミレイ、ロセッティ、ハントといった「ラファエル前派」第一世代の絵に対して、僕自身は古めかしい印象を持ってしまった。ミレイには「オフィーリア」という素晴らしい作品がある。ハントにも鳥の巣を描写した素晴らしい小品がある。しかしこの展覧会で展示されている作品、特にロセッティの作品については、写実の技術が活かされていない。描かれている人物の表情に、生き生きとしたものが、今ひとつ感じられない。神話や聖書、文学の世界をテーマとしていることもあり、古い絵だと感じてしまった。

f:id:muranaga:20190421123415j:plain
ロセッティ「魔性のヴィーナス」

f:id:muranaga:20190421123514j:plain

展覧会の最後の部屋に入って、ちょっと驚いたのは「ラファエル前派」の第二世代に、ウィリアム・モリスがかぞえられるということであった。モリスは装飾デザイナーだと思っていて、「ラファエル前派」第二世代のエドワード・バーン=ジョーンズと親交があったという認識が全くなく、この展覧会で初めて知ることとなった。

折しもそごう美術館「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」が開催されている。「ちょうどいい、善は急げ」というので、三菱一号館美術館を出たその足で横浜に向かう。

ウィリアム・モリスは「役に立つかわからないもの、あるいは美しいと思えないものを、家の中に置いてはいけない」と、生活と美しいデザインとを両立させる思想を持っており、その「アーツ・アンド・クラフツ運動」は、20世紀のデザインの源流になったという。機械による大量生産ではなく、自ら手作りの工房での制作を実践した。

この展覧会では、英国の壁紙会社サンダーソン社保有ウィリアム・モリスを中心としたデザインによる壁紙と、その版木が展示されている。そう、当時の壁紙は版画と同じように、いくつもの版木を重ねて作られていたのである。日本をはじめ、アジアの装飾の影響も受けていることがわかる。

f:id:muranaga:20190421141057j:plain

f:id:muranaga:20190421141121j:plain

f:id:muranaga:20190421142915j:plain

www.sogo-seibu.jp

因みに今日のランチは、丸の内ブリックスクエアにある「アンティーブ」にて。美術館の半券でノンアルコール・カクテルやスパークリング・ワインが無料でサービスされる。

f:id:muranaga:20190421112443j:plain

f:id:muranaga:20190421112603j:plain

西洋美術、特に著名な絵画と、それが描かれた時代背景を、カラー図版とイラストを使ってわかりやすく説明する入門書。

西洋美術は、時の権力者・上流階級が制作させたものであり、感じるというよりは、その時代背景からメッセージを読み解くもの。世界史における主な出来事、宗教・政治・経済の与えた影響など、絵画を読み解くポイントがわかる。大きな歴史の流れをつかむために、たとえば『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』を併読すると、さらに理解が深まる。

西洋美術史を概観する。美術鑑賞の予習・復習で、事典のように読んでいる。どちらかというと美術史という学問で習う内容で、『鑑賞のための西洋美術史入門』の方が親しみやすく、読みやすい。