Muranaga's View

読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

『図解・首都高速の科学』で首都高の歴史や技術を学ぶ

首都高速 K7(北線・北西線)が開通した時の複雑な横浜港北ジャンクション(JCT)の図(動画によるシミュレーション付き)を眺めていたら、ブルーバックス『図解・首都高速の科学』を読み返したくなった。この本では、首都高速を紙上で擬似ドライブしながら、その歴史や技術を学ぶ。都心環状線、東京と横浜を横羽線湾岸線で往復、さらに中央環状線、山手トンネルと、歴史順に見てまわることで、建築技術の進歩が感じ取れる構成になっている。

図解・首都高速の科学 (ブルーバックス)

図解・首都高速の科学 (ブルーバックス)

複雑なネットワークを構成する首都高。この本は、ジャンクションがどうなっているかなど、非常に興味深い内容となっている。首都高ナビマップのサイトで JCT のガイドマップ・拡大図を見ると、さらに理解が深まる。


都心環状線
  • 都心環状線京橋ジャンクションから8号線の分岐がある。0.1km しかなく、都心環状線の一部として扱われている。その先に無料の東京高速道路(KK線)とつながる。このKK線は1959年に一部開通した日本初の高速道路。今は無料。
  • 川を干拓して川底を道路化する工事はKK線が世界初。これをプロトタイプとして、その工法は首都高の建設に活かされた。
  • 京橋-芝浦間が1962年に首都高で最初に開通した。その後1964年のオリンピックに合わせて、羽田から会場までを結ぶ区間が開通した。
横羽線湾岸線
  • 羽田トンネルでは日本初の沈埋函(ちんまいかん)工法が採用された。陸上で製作した箱状の構造物を水中に沈めて、トンネルを構築する。橋ではなくトンネルにしたのは、河口が滑走路の近くにあるから。
  • 高機能舗装は、従来よりも表面の隙間が多いアスファルト舗装であり、車両走行中にタイヤと路面の間で生じるエアポンピング音を小さくすると同時に、水はけがよいので雨の日でも走りやすい。
  • 横浜ベイブリッジ付近の海底の支持層が深く急傾斜しているため、新型の大口径掘削機を開発して海底を掘削、最大高さ75mの箱状の構造物を沈め、内側にコンクリートを詰めて橋桁の基礎を構築した。
  • 鶴見つばさ橋は横浜ベイブリッジと同じ斜張橋
  • 湾岸線の空港北トンネルを除く3本の海底トンネルはすべて沈埋函工法で作られているが片側三車線の道路が2本すっぽり入る世界最大級の沈埋函である。
  • 車両感知器は 5m 離して設置されたセンサーの間を通過する車両の速度を計測する。これが300m-600m間隔で設置され、渋滞を判定する。平均速度が 20km/h 以下なら渋滞(NEXCO の高速道路では 40km/h 以下)。
  • 車両の流れ具合は5段階ある。40km/h 以上:自然流(白で表示)、30-40km/h:軽混雑(黄)、20-30km/h:重混雑(橙)、10-20km/h:軽渋滞(赤)、10km/h以下:重渋滞(紫)
  • 表示内容は1分間隔で更新される。渋滞が増加傾向にあるか減少傾向にあるかも表示される。
  • 事故は平均30回/日(1時間に1回以上)、落下物処理80件/日。
中央環状線
  • 中央環状線には、首都高速唯一のロータリーやS字型の斜張橋、2層構造のアーチ橋、山手トンネルなど、珍しい構造物が詰まっている。
  • 箱崎JCTにはロータリーが設置され、リムジンバスの方向転換ができるようになっている。
  • かつしかハープ橋綾瀬川を斜めに横断するため、S字型に曲がった曲線斜張橋で世界初。
  • 五色桜大橋は2層のアーチ橋。交通振動で発電する世界初の橋。
  • 飛鳥トンネルは、開削工法、HEP&JES工法、山岳工法の 3つの工法を駆使して作られた。
  • 山手トンネルの全長は約18km、日本最長の道路トンネル。その9割はシールド工法で作られている。出入り口はすべてセンターランプ。切り開き工法により本線のシールドトンネルと連結路のトンネルをつなげる。
  • 山手トンネルの換気所は地下にある。
  • 中野坂上駅で地下鉄丸ノ内線下を通るが、山手トンネルは2mまで接近する。大江戸線と同時に整備されたので、ホームへのエスカレーターの横を首都高速が通る。
  • 避難通路は2本のシールドトンネルを行き来できるように作ってある。
ジャンクション・出入口
  • 4枝交差のジャンクションの代表的な形はクローバー型だが連結路が急カーブになり、合流と分流の車両が混在する織り込み区間があり、渋滞や事故の恐れがある。タービン型は織り込み型がなく占有面積が小さいが、高架橋が多いので建設費が高くなる。三郷JCTがタービン型。
  • 特殊な構造としては、ループ線とOAが一体になった加平出入り口、信号機のある平面交差点の美女木JCTさいたまスーパーアリーナ下を通る埼玉新都心線、両国JCTの吊構造の橋梁などがある。
保守
  • 首都高速は高架橋が8割、トンネルが1割。高架橋の総距離は240km。
  • 点検は巡回点検、徒歩点検、接近点検。パトロールカーが1日一回全区間、および高架橋の下の街路を走り点検する。徒歩点検は目視で異常がないか確認。接近点検は目視したりハンマーで叩いたり、5年に一回実施。
  • 接近点検は高所作業車、ポールカメラ、高所用打音検査システムを使う。
  • 道路の補修工事は夜間に行われることが多く、一晩で最大600人が作業することもある。

首都高のネットワーク図を眺めるのが好きだったり、ジャンクションの構造に萌えたりする人にはおススメの本である。

f:id:muranaga:20130501130121j:plain
大橋ジャンクション

f:id:muranaga:20160913164543j:plain
箱崎ジャンクション

f:id:muranaga:20200119013335j:plainf:id:muranaga:20160913164618j:plain
箱崎ジャンクション

muranaga.hatenablog.com

muranaga.hatenablog.com

2020年3月、首都高速 K7(横浜北西線)が開通、東名高速と第三京浜・横羽線・湾岸線が結ばれる

2020年3月22日、いよいよ首都高速 K7横浜北西線)が開通する(プレスリリース)。3年前に開通した横浜北線が延伸されたことになり、東名高速の青葉インターと第三京浜・横浜港北ジャンクション(7.1km)がつながり、東名高速第三京浜横羽線湾岸線が結ばれる。

www.shutoko.co.jp

個人的には、首都高 K7 新横浜出入口から東名高速に行くのが、とても便利になる。東名・横浜青葉インターまで一般道で 30-40分くらいかかっていたのが、半分の 15-20分くらいで行けるようになるはずだ。箱根・伊豆方面へのお出かけ、ゴルフが楽になるだろう。

問題は K7(北線・北西線)の交通量である。どのくらい混むのだろう?おそらくいつも渋滞している感のある保土ヶ谷バイパスから、相当量の車が流れてくることだろう(整備効果)。今までガラ空きで、東京方面に出かける時に快適に利用していた K7 横浜北線だが、新横浜出入口から生麦 JCT までの交通量は、どのくらい増えるだろうか?また第三京浜は混むようになるのだろうか?そして横浜港北 JCT・出入口や新横浜出入口、そしてその周辺道路は渋滞するようになるだろうか?

料金設定も気になる。料金案の説明資料(PDF)によると、東名高速を経由して東京や埼玉方面に向かう最短経路よりも、首都高速の北西線と横羽線を利用して向かう距離の長いルートの方が、料金が割安になり、北西線を迂回する交通量の増加・渋滞が懸念されている。そこで東名・北西線を連続して利用する迂回ルートの方が高くなるような料金の調整が提案されている。

横浜港北 JCT の出入口から首都高 K7(北線、北西線)に入るのは、かなり複雑であり、動画でシミュレーションできるようになっている。たとえば新横浜駅方面から一般道を来た場合、曲がり角を一つ間違えただけで、首都高ではなく第三京浜に入ってしまうので要注意である(上図Ⓒ)。個人的には横浜港北 JCT の出入口を使うのは、第三京浜保土ヶ谷方面に行く時だけで、首都高 K7 を使う時は新横浜出入口を利用することになる。

www.shutoko.jp

こういう首都高の複雑なジャンクション図を見ていると、ブルーバックス『図解・首都高速の科学』を読み返したくなる。

図解・首都高速の科学 (ブルーバックス)

図解・首都高速の科学 (ブルーバックス)

muranaga.hatenablog.com

muranaga.hatenablog.com

師岡熊野神社へお参りする

会社の安全祈願で芝大神宮にお参りした際に、自分が前厄であることを知った。「横浜 厄除け」で検索すると、地元の「師岡熊野神社」がヒットした。そこで散歩も兼ねてお参りし、厄除けの御守をいただいた。この神社は厄除けのみならず勝負運のご利益があるということで、この日も少年野球チームがお参りに来ていた。社紋が八咫烏なので、サッカー神社としても知られ、日本サッカー協会公認の御守が売られている。

f:id:muranaga:20200111102358j:plain
師岡熊野神社 鳥居

f:id:muranaga:20200111102641j:plain
師岡熊野神社 境内

f:id:muranaga:20200111103824j:plain
師岡熊野神社 境内

NHK の番組「趣味どきっ!」で神社巡りが放送されている。そこでは、神社に行ったらまずどんな神様が祀られているのかを確認すること、そしてその神様にまつわる神話を調べることを勧めていた。

www4.nhk.or.jp

幸せ運ぶ! ニッポン神社めぐり (NHK趣味どきっ!)

幸せ運ぶ! ニッポン神社めぐり (NHK趣味どきっ!)

  • 作者:平藤 喜久子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2019/11/25
  • メディア: ムック

日本の神様 解剖図鑑

日本の神様 解剖図鑑

724年に開かれた師岡熊野神社に祀られている神様は、和歌山の熊野三社の神様と一体とのこと。伊邪那美尊(いざなみのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)の三柱を御祭神としている。古事記における国造り、イザナギノミコトとイザナミノミコトの神話に出てくる神々である。

f:id:muranaga:20200111104053j:plain
師岡熊野神社 略記

f:id:muranaga:20200111104333j:plain
江戸名所図絵

社紋となっている八咫烏は、のちに初代の天皇神武天皇となる神倭伊波礼毘古(かむやまといわれびこ)を、熊野から吉野を越え、大和に導いた霊鳥である。ゴールへ導くということから、日本サッカー協会のシンボルとなったらしい。

muranaga.hatenablog.com

スターウォーズ・サーガ、ついに完結!過去の作品の記憶を辿ってみた

最近、映画館に行くことはほとんどなくなったが、「スターウォーズ」シリーズだけは別だ。「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で、ついに42年にわたるサーガが完結した。スターウォーズらしい展開の集大成的なエピソードであった。

f:id:muranaga:20200103183912j:plain
STAR WARS:The Rise of Skywalker

f:id:muranaga:20200103174807j:plain

一番最初に見たのは 1978年、高校2年生の時だ。ジョージ・ルーカスの「スターウォーズ」、そしてスティーヴン・スピルバーグの「未知との遭遇」と、二つの金字塔的な SF 映画が日本で公開された年だった。僕が特に好きだったのは、「スターウォーズ」のデス・スターへの攻撃シーンである。Xウィングがデス・スターのトレンチに飛び込んでいく映像が、衝撃的だった。

スターウォーズ」の世界にすっかり夢中になった僕は、ノベライズ版のペーパーバックも読んだ。高校生の英語力ではわからない単語が多過ぎたが、想像力でカバーしながら、何とかかんとか最後まで読み通すことのできた、人生最初のペーパーバックが「スターウォーズ」である。"May the force be with you." という言い方が、英文法の授業で習った倒置構文であることを理解したのもこの頃である。

その2年後になる大学1年の時、第2作「帝国の逆襲」を、そして大学4年の時に第3作「ジェダイの復讐」を観た。当時の映画パンフレットが残っていたらいいんだけど…。「スカイウォーカーの夜明け」を観て、家に帰って本棚をごそごそ探してみたら…。あった、あった。最初の3作のパンフレットが見つかった。

f:id:muranaga:20200103184155j:plain
STAR WARS 映画パンフレット

懐かし過ぎる。表紙を見ると、当時のパンフレットには映画館の名前が印刷されている。それによれば「スターウォーズ/新たなる希望」は渋谷東宝で観たらしい。「帝国の逆襲」を、今はなきテアトル東京で観たのだった。パンフレットの値段はそれぞれ 350円、400円とある。

そうそう、第3作の公開当時の邦題は「ジェダイの復讐」だった。もともとの原題が "Revenge of the Jedi" だったからだが、公開直前に急きょ、ジョージ・ルーカスが原題を ”Return of the Jedi" に変更したのに対し、日本側の対応が追いつかなかったらしい。当時「何か変な訳だな?誤訳?」と感じていたのを思い出した。のちに「ジェダイの帰還」に変更されている。

ファントム・メナス」「クローンの攻撃」「シスの復讐」の3部作は、ダース・ベイダーの誕生を描く3部作だった。エピソード1から「スターウォーズ」を観始める若者たちがいるんだ、ということを改めて知る。そうか、Episode 1から 6 までを続けてみると、ダース・ベイダーの一生になる。そういう捉え方が Episode 4 からみた僕には新鮮だった。

最新3部作は、初老となったルーク、レイア、ハン・ソロがオリジナル・キャストで出てくるのが、オールド・ファンには懐かしかった。特に「フォースの覚醒」は「新たなる希望」へのオマージュという感があり、好きな作品である。「最後のジェダイ」あたりから個人的に少し気になったのは、「フォース何でもあり」になってきたことである。「気」というより「魔法」になってきた感があり、映画自体も SF とかスペース・オペラというよりは、ファンタジー映画に近くなった気がする。「ハリー・ポッター」シリーズの影響なのだろうか?それともディズニー映画になったせいだろうか?

とにもかくにも、42年にわたるスカイウォーカー家の物語、「スターウォーズ」サーガは完結した。10代だった僕に、映画の魅力を教えてくれたのが「スターウォーズ」だ。「スターウォーズ」と共に年齢を重ねてきた自分も、あと数年で還暦を迎えることになる。感慨深い。

初詣はいつものように等々力不動尊へ

元日は家族揃って、等々力不動尊へ初詣に行くのが恒例になっている。駐車場があって車で行けるので、両親の家を訪ねる途中に寄ることができて便利なのだ。10時頃行って、少し待てば駐車することができる。小さなお寺なので初詣客の回転も速い。僕たちもお参りをして、御守を買って…と、短時間で初詣を済ます。

f:id:muranaga:20200101105749j:plain
等々力不動尊

f:id:muranaga:20200101105451j:plainf:id:muranaga:20200101105402j:plain
等々力不動尊

そして環七もしくは環八で北上、関越で両親のもとに向かう。元日はファミレスがお休みだったり、昼からの営業だったりするので、三芳PAで昼食というのも恒例になってきた。つい「まい泉」のヒレカツサンドをお土産に買ってしまう。

高齢の両親も、それぞれ何かしら課題は抱えているものの、元気に過ごしてくれているのが有難い。

www.manganji.or.jp

謹賀新年

あけましておめでとうございます

f:id:muranaga:20191231234836j:plain

旧年中は大変お世話になりました。

2018年から経営に携わっているデジタルマーケティングの会社も、まずは黒字でスタートさせることができました。事業環境が変わる中、よい方向へ舵取りができるよう、頑張ります。

仕事でも、そしてゴルフでも、よろしくお願いいたします。