Muranaga's View

読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

湘南をドライブして美術館カフェへ:「湘南を描く 入江観展」(茅ケ崎市美術館)

ふと思い立って、湘南をドライブ。茅ヶ崎市美術館のカフェ「ルシュマン」にランチを食べに行く。NHK「アートシーン」で茅ヶ崎市美術館の「湘南を描く 入江観展」が紹介され、数ヶ月前にこのカフェで食べた個性的なランチプレートを、もう一度食べたくなったのである。

muranaga.hatenablog.com

雄大な富士山の姿を見ながら新湘南バイパスをドライブする。横浜の自宅から 1時間もかからずに茅ヶ崎市美術館に着いた。

www.chigasaki-museum.jp

入江観は茅ヶ崎に長年住む風景画家。何気ない日常の風景でありながら、抒情性を感じる作品が並んでいる。

入江観《海辺の丘》1995年

入江観《突堤の人々》2018年

入江観《双雲》2019年

美術館の Web サイトから今回の展覧会の概要紹介を引用しておく:

1922(大正11)年創立の歴史ある美術公募団体・春陽会を舞台に活躍し、国内を代表する洋画家・入江観(1935- 茅ヶ崎市在住)の展覧会を開催します。入江は東京藝術大学在学中からフランスの画家、ポール・セザンヌに傾倒し、1962(昭和37)年にフランス政府給費留学生として渡仏、モーリス・ブリアンションに学びながら、ヨーロッパ絵画におけるコンポジションの重要性を体得しました。帰国後、一時期スランプに陥りましたが、やがてセザンヌの影響を離れ、日本の風景を題材に、独自の透明感をたたえた画風を確立して現在も描き続けています。にじみ出る叙情性をバランスよくコントロールして表現される絵画世界は、故郷の日光や長年暮らす茅ヶ崎という現実の風景をもとにしながら、いつしか画家の内面性を伴った理想の風景に昇華されているようです。 本展覧会では、近年制作された作品と、茅ヶ崎市美術館や個人が所蔵する入江作品のなかから、湘南を描いた代表作を中心に展示します。静謐にして清澄な絵画空間をご堪能ください。

海の風景を堪能した後は、お目当てのカフェへ。今日は寒いのでトマトチーズリゾットを。野菜がみずみずしい。冬の週末の小確幸

茅ヶ崎市美術館のカフェ「ルシュマン」

新湘南バイパスの藤沢インターと、横浜新道の戸塚インターの間は、大がかりな工事が進められている。横浜湘南道路高速横浜環状南線の工事である。これらが完成すると、圏央道の神奈川県区間が完成し、釜利谷ジャンクションまでつながることになるが、工事の進捗は遅れているらしい。

『超激辛数独』はストレスフル、『難関数独』が暇つぶしにちょうどいい

難しい数独の良問をまとめた『難問数独傑作編』に 1ヶ月ほどかけて取り組んだが、112問中 3問ほど解けずに残っている。前半はすいすい解けて、後半になればなるほど考えさせられる。そういう意味では、自分には程よい難しさであった。

muranaga.hatenablog.com

解けないパターンは2通り:

  • 手筋・解法はわかっているが、その場所が見つけられない・たどり着けていない場合
  • 手筋・解法さえわからない場合

『難問数独』には全てヒントがついており、難易度 9 まではヒントなしでもほぼ解ける。どうしても解くことができない最上級の難易度 10以上の問題については、ヒントを見て「そう解くのか」との学びがあり、自分のスキルアップにも役立っている。

学びとなった解法は、次の通り(エントリーの最後に解説動画を掲載):

  • 3つの枡を3つの数字で「予約」する解き方
  • いわゆる「井桁」とか X-wing と呼ばれる解き方
  • さらに高度な「3連井桁」、Swordfish と呼ばれる解き方

ただ解法を知っていたとしても、その適用箇所がなかなか見つからなくて、スタックしてしまうことが多い。特に難易度 10以上は「井桁」が複数組み合わさったりしており、先に進めない。

『難問数独傑作編』や「超激辛数独』に取り組むことで、大体自分のレベルが判明した。

  • 難易度 8 までなら、10-30分の暇つぶしになる
  • 難易度 9 は時間がかかるが解ける。解けた時は喜びもひとしお
  • 難易度 10 はストレスフル。その日のうちに解けたら嬉しいが、何日もスタックことがあり、永遠に解けないこともある

なので、難易度 9-10 以上を集めた最上級の『超激辛数独』シリーズは、僕にはストレスが溜まる。難易度 7-10 の『難関数独』は、以前発行されていた『激辛数独』と同じレベルで、自分の暇つぶしにはちょうどいいし、うまく解けた時は嬉しい。

『超激辛数独』で、自分のレベルの限界のところでストレスを感じながら戦うか?それとも『難関数独』で、ストレスフリーに程よい難易度の問題を解くか?

どちらも数独の楽しみ方だが、今の僕だと後者を選ぶかな。『難関数独』シリーズに取り組み始めている。『超激辛数独』にはヒントがついているが、『難関数独』にはヒントはついていない。自力で勝負である。

数独の解き方・手筋

「3数字予約」、「井桁」(X-Wing)、「3連井桁」(Swordfish)については、日本数独協会による解説動画がある。いずれも『超激辛数独』から例題がとられている:


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

再び注射で右膝の水を抜き、ヒアルロン酸を注入した

右膝に溜まった水を抜き、ヒアルロン酸を注射してから1週間。直後に予定してあったゴルフに行ったが、そのあと特に問題なく違和感なく過ごせていた。しかし土曜日に鎌倉芸術館までお出かけして(約1万歩)、翌日曜日にゴルフ練習をやった後、少し右膝に違和感を感じる気がした。痛くないので、いつも通り歩くことはできる。

muranaga.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

そんな状態で今日、月曜日に整形外科で診てもらったところ、やはり水が溜まっているという診断で、再び注射で水を抜き、ヒアルロン酸を注入した。あと3回、注射することになる。残念!前回は 8ml、今回は 6ml の水を抜いた。

「胃の粘膜がやられて、普通のご飯を食べてもムカムカする状態」「あまり負荷をかけなければ、治ります」「膝を鍛えなきゃ、と思ってトレーニングすると過負荷になり、水が溜まります」「階段を上るとかスクワットとかをしないように」

そんな言葉を整形外科医にかけられた。今週は、出社したり顧客訪問したりで外出する機会が多い。サポーターをつけて、用心深く過ごそうと思う。ゴルフのラウンドは、しばらく自粛だろうなぁ。せっかく 79 と自己ベスト更新したばかりのに、残念でならない。

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga.hatenablog.com

オイルヒーターを買い替えた

長年使ってきたオイルヒーターの電源が入らなくなった。代わりにファンヒーターを使ってみたが、リモートワークしている環境にしてはファンの音がうるさいため、新しいオイルヒーターに買い替えることにした。最近はオイルレスヒーターなるものがあるらしいが、あまりラインナップがないし、価格も高い。

一世代前のアイリスオーヤマのオイルヒーターで、タイマー付きのもの(取扱説明書 PDF)が 9,000円とお安くなっていたので、それをポチる。Amazon から翌日午前に配送されてきて、ありがたい。

www.irisohyama.co.jp

「小林研一郎×藤田真央 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団」:こんな「皇帝」は聞いたことがない(鎌倉芸術館)

2023年も藤田真央君の追っかけをやっている。今日は鎌倉芸術館にて「小林研一郎×藤田真央 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団」のコンサートである。

kanagawa-geikyo.com

曲目:

藤田真央とコバケンによるベートーヴェンは、「こんな『皇帝』は聞いたことがない」という演奏だった。まず全体にテンポがゆっくりで、一音一音がよく聞こえる。そして第1楽章のカデンツァがまさに初めて聞く旋律だった。あとで確認してみると、やはり真央君の自作オリジナルであった。真央君はテンポを自在に変えてグルーヴ感を出していく。そんなピアノに呼応するようなオーケストラ。美しく厚みのある演奏であった。

そんなきらびやかな「皇帝」の後に、軽やかに弾くモーツァルト。ピアノを習った人なら弾いたことがあるであろうソナタ(僕でさえ弾いたことがある)だが、全く別の曲に聞こえる。真央君らしく、装飾音がたくさん入っている。「そこにそう入れる?」というユニークな装飾。それでいて全然、音が余らない。

ドヴォルザークの「新世界より」を聞くのは実に久しぶりだが、やはりメロディアスでいい曲である。オーケストラもよく鳴っていた。小林研一郎は御年 83歳には全く見えず、エネルギッシュに曲を盛り上げる。

アンコールのハンガリー舞曲も、コバケンらしいダイナミックなテンポで盛り上がった。

藤田真央君は本当に多忙だ。明日は同じ演目を大阪で演奏する。そしてその数日後の 1月25日には、ニューヨーク・カーネギーホールでリサイタルデビューする。体調には十分気をつけてほしい。

maofujita.com

鎌倉芸術館大船駅から徒歩10分。大船駅で降りるのは 5-6年ぶりだが、駅前に船の形のショッピングビルができていて、さらにその先には KIOXIA の新しい技術棟が建てられていた。

横浜そごうにあるイタリアン「IL PINOLO SKY TERRACE 横浜」で夕食、夜景を眺めながら今日のコンサートの余韻に浸る。

注射で右膝に溜まっていた水を抜き、ヒアルロン酸を注入した

右膝に水(関節液)が溜まり、こわばったり動きが制限されていたりした問題。

muranaga.hatenablog.com

一週間弱経って、普通に歩ける状態には回復したものの、膝をピンと伸ばしたりフルに曲げたりすることはできない。整形外科に再び診てもらったところ、やはり水が溜まった状態のままであったので、注射して水を抜き、ヒアルロン酸薬名:アルツ)を注入した。

関節液の産出を抑制するなど、さまざまな効果がある薬で、本来、1週間ごとに 5回打つ薬とのことだが、まずは1週間様子を見て、その後の経過に応じて判断するとのこと。

medical.nikkeibp.co.jp

「膝に注射するなんて痛いんだろうなぁ。嫌だなぁ」そう思っていたが、実際にはチクッとするくらいで済んで、ホッとしている。今回抜いた関節液は 8ml。黄色で透明な水であった。

水を抜くことで膝の動きに制限がなくなり、ピンと伸ばせるようになった。今夜も普通にお風呂に入っていいらしい。あえて安静にする必要はないが、運動不足解消と称してたくさん歩いたりすることは避けるようにとのこと。ゴルフは自粛、かなぁ。サポーター生活をしばらく続けた方がいいのかもしれない。

2023年初のコンサートは神奈川フィル首席奏者たちによるダブルコンチェルト(横浜みなとみらいホール)

新年初のコンサートは「華麗なるコンチェルト・シリーズ」3公演セットの第1回、新装なった横浜みなとみらいホールにて、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者たちによるダブルコンチェルトである。

kanagawa-geikyo.com

石田泰尚(コンサートマスター)、直江智沙子(首席 2nd ヴァイオリン)、大島亮(首席ヴィオラ)、門脇大樹(首席チェロ)が、和田一樹指揮のもと次の演目を演奏した:

演目(演奏):

プログラムの解説によると、モーツァルトの協奏曲は、全協奏曲の中でも最高傑作のひとつとして数えられるとのこと。ヴァイオリンとヴィオラの掛け合いで美しい旋律が奏でられる。

ブラームスの協奏曲は、ブラームスが最後に作曲した管弦楽曲。もともと交響曲第5番として着手していたが、ヴァイオリンの名手ヨーゼフ・ヨアヒムとの仲直りのきっかけ作りとして作品への助言を求めようとしたため、あえてソロ楽器をつけたとされる。

ブラームスらしい重厚さと、協奏曲らしい華麗さと両方が備わった曲だと思う。個人的には、ヴァイオリンとチェロによって奏でられる第2楽章の主旋律が美しいと感じた。ソロ楽器パートと管弦楽パートとの対比、各パートの入るタイミングが難しい曲なのではないだろうか?

演奏後、指揮者の和田一樹さんが「石田さんより推薦された時、背筋が凍る思いだった」と話して、笑いを誘った。

アンコールは首席 4人によるモーツァルト弦楽四重奏曲第14番「春」より第4楽章。そして石田泰尚さんが「出血大サービス」と称してもう1曲。ゲスト・コンマスの佐久間聡一さんと首席コントラバスの米長幸一さんを加えて、6人で何とブルーライト・ヨコハマを演奏。石田組に女性ソリストを加えた感じで、大いに楽しむことができた。

ブラームスの協奏曲は神奈川フィルによる2年前の演奏の映像がある:


www.youtube.com

この美しいブラームスの協奏曲が、ブルーライトヨコハマでオーバライトされてしまった感がありつつも、余韻に浸りながら、みなとみらいホールをあとにした。

夕食をクイーンズスクエアのイタリアン、ペッシェドーロにて。冬のメニューである寒ブリカルパッチョや牡蠣のフリット、デザートの焼きパンナコッタを楽しんだ。

みなとみらいのイルミネーションも美しい。

さて神奈川フィルといえば、新しく始まったテレビドラマ「リバーサルオーケストラ」に出演している。地方自治体のポンコツ・オーケストラが、新しく作られた音楽ホールのこけら落とし公演に向けて頑張る物語で、初回を見る限りとても面白く、期待のできる内容だった。オーケストラのシーンでは神奈川フィルのメンバーを探すのが、ファンの間での楽しみになっている。

www.ntv.co.jp

「リバーサルオーケストラ」の音楽の舞台裏については、次の映像で語られている。俳優さんたちは血のにじむような練習をして、演奏シーンに臨んでいるとのこと:


www.youtube.com