Muranaga's View

ゴルフ、読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

Jaguar XE に憧れる

レガシィの定期点検の間に、レヴォーグを試乗してみた。1.6 GT でも十分パワフルな印象だ。4代目レガシィ・ツーリングワゴンの後継として、レヴォーグはよい車だと思う。ただエクステリアでどうにも気になるのが、ジンベエザメの口のようにも見える大きなインテイクである。いかにもターボ車、という主張が前面に出ており、若者向きのデザインである。

ことデザインに関しては、日本車はまだ欧州車にはかなわない気がする。たとえば Audi A5 の美しさ。Sportback にいたっては、ステーションワゴンのような実用性と、クーペのような流麗なデザインを両立させている(美しい車 Audi A5)。

実はこのセグメントで発表されたばかり、まだ実車さえ見ていないのに、そのデザインが気にいっている車がある。Jaguar XE(ジャガー XE)である。Audiアウディ)とは違って、Jaguarジャガー)は、日本でもなかなか見かけない。そんな希少なブランドであるのもいい。2015年からようやく本格発売ということであり、レビューもまだ多くは出ていない(例:AutoExpress)。


近くのジャガー・ディーラーに出かけてみたが、当然のことながらまだ Jaguar XE の実車はなく、その代わりに一回り大きな Jaguar XF のデザインを堪能してきた。セダンもカッコいいが、僕はステーションワゴンが好き。Jaguar XF にはステーションワゴン・タイプの Sportbrake というモデルもあるが、残念ながら日本市場には投入されていない。

はてさて、新しい Jaguar XE は日本で人気が出るだろうか?それとも Jaguar というブランドは日本ではマイナーなままだろうか(錦織圭Jaguar F-type に乗っているが)?Jaguar XE の Sportbrake モデルは発表されるのだろうか?それは日本に輸入されるのだろうか?とにかく XE は今、一番気になっている車である。とはいえ、同じ性能・機能で考えたら、国産車の倍近いお値段となる。憧れの車でもある。

関連エントリ