Muranaga's View

ゴルフ、読書、美術鑑賞、ときにビジネスの日々

ドライバーのヘッドスピードが 42m/s - 44m/s まで上がってきた

スイング改造に半年以上も要したが、飛距離が伸びた。うまく当たれば、ドライバーのキャリーで 210-220ヤード、7I のキャリーで 140-145ヤード。ようやく人並みに飛ぶようになってきた。

試しに、久しぶりにヘッドスピード測定器を取り出してきて、ドライバーのヘッドスピードを測ってみたら、43-44m/s。「へぇ、ここまで上がったのか」と嬉しい驚き。8年前、ゴルフを始めた初心者の頃は 36-38m/s だった。その後 40m/s くらいにはなってきたが、もともと非力だから、これが限界かなと思っていた。今年、切り返しの際、足を使って地面を蹴ることで身体を回転するように、スイングを改造したことにより、43-44m/s にまで上がったことになる。

本当だろうか?半信半疑のまま、ゴルフショップで試打すると、その計測器でも 44-45m/s と出るので、信じていいのかもしれない。課題はミート率。もっと打点を安定させ、芯に近いところで打てるようになりたいものである。ミート率を上げる = ボールの初速が上がる、ひいては飛距離が伸びるのがわかる。

ゴルフ関連 エントリ